トップページ | 911アラート »

「カイカク」と「バラマキ」

Kokkaigizidou_2 参議院での与野党逆転を受けて、テレビの政治討論番組でも野党側の攻勢が目立つようになった。

そこで気になるのは、与党の言う「カイカク」と、野党を批判して言う「バラマキ」という言葉の定義である。

小泉内閣のキャッチフレーズであった「改革」は、当時の停滞する社会経済状況の元凶を古いしきたりの中の利権、無駄、不正にあるとし、「抵抗勢力」という敵をあぶり出してそれらを叩くことで景気回復を目指した。しかしながら、その処方箋は「市場原理主義」の導入であり、強いものはより強く、弱いものは市場から退場してもらう、という経済政策だった。

そうした弱肉強食主義に対して、弱者救済やセーフティネットの議論も起こったが、「自己責任」という一語によって議論は打ち切られ、十分な対策は施行されなかった。格差社会、地方衰退、高齢者切捨て、ワーキングプアなどの社会現象は、そのような「改革」路線の必然の帰結であり、今回の参院選での与党惨敗の最大の原因は年金問題や政治とカネ、閣僚の不適切発言などではなく、「カイカク」路線の正体に国民が気付いたことが大きい。

それに対する処方箋はケインズ経済学で言われる「政府による富の再配分の調整」であり、民主党のマニュフェストにある「子育て手当て」や「農業補助金」の支給は、国家による配分調整という意味合いを持つ。無目的あるいは政治的な深い配慮のない補助金や助成金配布は「バラマキ」と非難されるであろうが、国の社会構造のあり方を熟慮した上でのそれらの政府の支出は、市場原理による「富の再配分」の行き過ぎを是正し、弱者救済や相対的な平等へ導く意味がある。

民主党を中心とする野党は、自らの政策と目指す社会像をもっと国民に説明しなければいけないし、与党は「改革」という言葉が持つ何となく良さそうなイメージと、「バラマキ」という言葉が持つ何だか悪いことというイメージをわめき散らすのではなく、同じく政策と目指す社会像をしっかりと語ってもらいたい。

今まで自民党と民主党とどこが違うのか?対立軸が見えない、と批判されてきたが、ようやくその違いが明確になってきたことは喜ばしい。政治家のセンセイたちには、「カイカク」か「バラマキ」か、などという低レベルの討論ではなく、新古典主義かケインズ主義かという双方の立場を明確にし、それぞれが持つ長所と短所を議論しながら、日本という国を再構築してもらいたい。

なにしろ、選挙中の演説で、総理大臣が「民主党の政策はバラマキじゃないですか!」、「我々のカイカクを取るのか、野党のギャッコウか!」などと大声でわめく姿は見苦しいものであった。

|

トップページ | 911アラート »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「富の再配分」についてコメントします。私は,小企業の建設作業員です。かつての日本は,談合の社会でしたが,今は,談合は無くなりました。我々作業員は,談合があろうと,なかろうと仕事はかわりません。あいかわらず安い賃金でこき使われています。談合があったときより賃金はさがっています。結局,仕事を減らされ給与がへるだけです。制度がかわって景気が良いのは,大企業だけなのでしょうね。いままで談合で利益を確保していた人が制度をかってにかえて我々の利益をとりあげているようにしか思えないのです。政府の構造改革は,単なる企業の為の改革であると思います。

投稿: odorinosensei | 2007年8月23日 (木) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135811/7632198

この記事へのトラックバック一覧です: 「カイカク」と「バラマキ」:

トップページ | 911アラート »