« 米国追従の日本 | トップページ | 対テロ戦争の裏側 »

パキスタンとテロ特措法

020001 民主党の「テロ特措法」延長に反対の意向を受けて、自民党からは「海上自衛隊の海外給油活動が止まると、アラビア海で海上監視活動をしているパキスタンは活動継続が困難になる。多国籍軍参加国の中で唯一のイスラム教国のパキスタンが離脱すると、対アフガニスタン平和回復活動が「キリスト教国」対「イスラム教国」という図式に変質してしまい、中央アジアから中東地域の混乱を増幅する。」という見解が主張されるようになった。
要するに、対米追従で「テロ特措法」を延長するのではない、対アフガニスタンの平和活動のために自衛隊の参加が不可欠なのだ、という論理で、だから反対する民主党は無責任だ、というわけだ。

たしかに、8月に小池百合子前防衛相がパキスタンのアジズ首相らと会談した際、アジズ首相は「日本が活動を中止すると国際社会にネガティブなメッセージを与えることになる」と強調。イクバル国防相は「日本の支援がなければパキスタンが活動を続けることは難しい」と述べた。

しかし、政治の裏側の真実を追究する当ブログでは、この自民党の主張の不確かさを追求したい。

パキスタンはイスラム教国であるが、歴代親米政権が続いてきた。これは、パキスタンが英領インドから独立した時にさかのぼって、インドと三度の戦争を含む緊張関係にあるという歴史的な背景により、政権は常に米国の後ろ盾を必要としてきたことによる。

1998年の核開発を強行したことで、米国の経済制裁により米・パキスタン関係は悪化していたが、2001年米国同時多発テロ事件によって米国がアフガニスタン攻撃への協力をパキスタンに要請したのを機に好転し、現在、米国はパキスタンを「テロとの闘いの協力国」及び「非NATO主要同盟国」に指定している

ところが皮肉なことに、アフガニスタンのイスラム過激勢力に対する米国の制圧作戦と、これに共同するパキスタン軍による国境沿いのアルカイーダ、タリバン残存勢力掃討作戦は、イスラム宗教勢力を中心とするパキスタン国内の反米感情を高揚させ、これが反ムシャラフ政権の気運に連動している。この秋、3度目の大統領選挙と総選挙を控えるムシャラフ大統領は、支持率の急落によって危機感をつのらせている。

パキスタンに反米政権ができることを恐れる米国は、国民に人気のある亡命中のブット前首相とムシャラフ大統領と手を結ばせて、新しい政権を作らせようと画策しているが、まだ二人の合意には至っていないようだ。一方、反ムシャラフで立候補を狙っているのは、7年間の国外追放を終えたシャリフ元首相で、亡命先のロンドンからの帰国がパキスタンの最高裁で認められた。シャリフ元首相が総選挙に立候補すれば、野党勢力が結集して反ムシャラフ政権の実現も不可能ではないほど、政情は緊迫している。

つまり、事ほどさように政治状況は複雑であり、パキスタンが、高まる国民の反米意識の中で来年以降の多国籍軍への参加を継続できる保証はない。そして、パキスタンが離脱した後の米国および協力国の対アフガニスタンへの武力介入が「反イスラム」という位置づけになれば、イスラム諸国に比較的友好的に見られてきた日本も、その立場が難しくなる。

米国追従の小泉政権によって決められた「テロ特措法」は、米国の対テロ戦争の泥沼化ですでに限界に達している。やはり、自衛隊の海外派遣については、しっかりとした日本の原則を確立する必要があるのである。

Banner_01

←宜しければ、応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

|

« 米国追従の日本 | トップページ | 対テロ戦争の裏側 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、はじめまして。

感服しながら記事を拝見致しました。
大変勉強になりました。
私のブログのお気に入りに加えさせていただきました。
これからも楽しみにしております。

投稿: もそもそ | 2007年9月 5日 (水) 17時33分

パキスタン情勢急迫!
ムシャラフの大統領立候補は受けつけられるか? - オバハンからの気まぐれブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kimagure_obahan/22124342.html

投稿: ゴンベイ | 2007年9月26日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135811/7801962

この記事へのトラックバック一覧です: パキスタンとテロ特措法:

» パキスタンが?! [よし君のニュース日記]
「パキスタン」のニュースについて最新の情報、知ってますか? パキスタンとテロ特措... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 06時33分

« 米国追従の日本 | トップページ | 対テロ戦争の裏側 »